店内別角度

メリット

飲食店が確定申告を行う際は、青色申告のほうがいいです。青色申告にはいくつかのメリットがあります。まず、青色申告 More »

グラスハンガー

青色申告を利用

飲食店が確定申告をする際は、白色申告と青色申告のどちらかを選ぶことになります。一般的には、税理士は青色申告を勧 More »

テーブル

何を依頼できるか

飲食店の経営者は、少しでも資金を増やそうと借り入れをする必要が出てくることがあります。しかし、節税をすることで More »

メリット

店内別角度

飲食店が確定申告を行う際は、青色申告のほうがいいです。
青色申告にはいくつかのメリットがあります。
まず、青色申告特別控除を受けることができます。
この控除には、10万円と65万円の控除があります。控除額は、帳簿のレベルに影響を受けます。
所得税や住民税に有利に働くことになります。

また、3年間の繰越控除があります。
経営が3年間赤字でも、控除により税金を支払う必要がなくなります。
経営当初は、初期費用を回収するのに時間もかかるので、とてもありがたい控除です。

更に、10万円以上、30万円未満のモノは、減価償却による特例を受けることができます。
以上のように、青色申告にはメリットがありますが、申告の際は、税理士に相談すると確実です。

青色申告を利用

グラスハンガー

飲食店が確定申告をする際は、白色申告と青色申告のどちらかを選ぶことになります。
一般的には、税理士は青色申告を勧めてくるといえます。

なぜなら、青色申告のほうが、控除などを受けることができるため、有利だと言えるためです。
以前は、白色申告のメリットもありましたが、2014年から、白色申告にも記帳義務と領収書保管義務が課されるようになってしまいました。
そのため、青色申告のほうがいいでしょう。

何を依頼できるか

テーブル

飲食店の経営者は、少しでも資金を増やそうと借り入れをする必要が出てくることがあります。
しかし、節税をすることで、手元の資金を増やすことができるかもしれません。
税理士は、飲食店を経営する際の手助けになります。
その税理士は、具体的にどのような業務を行っているのか知ることは必要です。

・税務業務
税理士には、税務業務を依頼することができます。
飲食店を経営する際は、売上に応じた申告をする義務があり、利益が出た場合は納税の義務があります。
この申告のための書類を作成することは、少々手間がかかります。
現在では、会計ソフトを利用して、比較的容易に決算報告書を作ることはできます。
しかし、チェックをする必要があることは変わっていません。忙しい経営者が行うのは難しい面もあります。
そのため、税理士は申告のための書類作成や申請を代理で行うことができます。
税理士は、依頼者の立場で、税務署に不服申し立てをしてくれることもできます。

また、税理士は、税に関するさまざまな相談に乗ってくれます。
ほんの小さな疑問でも、丁寧に応えてくれます。また、税法の専門家として、申告・納税に対しても知ることができます。
白色申告と青色申告のどちらにするかの相談もできます。
経営者の重大な関心ごとである、節税対策のアドバイスも行ってくれます。
具体的には、どれを経費にすることができるのか、控除を利用するためにはどうしたらいいのかなどを知ることができます。

飲食店を得意とする税理士がいるように、特定の企業や特定の税に強い税理士というのがいます。
たとえば、相続税や法人税に強い税理士がいます。
また、会計業務や財務に強く、経営のアドバイスをすることができる税理士もいます。
経営者の目的に合わせた税理士を選び、必要な業務を依頼すると良いでしょう。